婚約指輪で幸せを

結婚までの道のりが長かった人もスムーズに運んだ人もさまざまな人がいると思いますが、結婚が決まってからのスタート時点からこれからの結婚生活の方向性がみえてきます。
友人からの話や両親の話から、二人の固定観念が違っていたりもしますが、まずは婚約指輪というものについて進む道が多くの夫婦がさまざまな道へ分かれるのです。
ドラマのように指輪を渡されて、プロポーズを受けるた人は婚約指輪をどうするかという問題はすでに解決されている、または夫が主導権を握ったということになります。そしてその指輪が妻の希望に沿っているか、どのように夫が選んだのかという点で今後を察することもできます。強引に引っ張ってくれる夫なのか、妻の趣味を熟知して用意する完璧な夫なのか、周りからの情報を材料に妻の喜ばそうと努めてくれる夫なのか。
結婚が決まってから二人で買いに行くというパターンも多いですし、そうなるとブランド、価格などをどっちから提案するのか、というところで価値観、金銭感覚をすり合わせることができます。今後の二人の生活を考えて、買わないという選択になることも考えられます。
しかし、結婚指輪は二人でつけ、周囲の人に結婚しているという表現するもの、お互いの結婚の誓としてするものであり、婚約指輪は夫から妻への誓いで一生に一度の夫からの特別な贈り物です。ぜひ、この素晴らしい最初の二人のスタートを、納得のいく、今後の二人の幸せ一歩目となるものにして進めてほしいです。

耳寄り情報

婚約指輪は、結婚を前提とした交際関係を明示するために身に着けるものであり、結婚指輪に順ずる社会的役割があります。

どんな婚約指輪がいいのか

婚約指輪を選ぶときに、一番大事なのは予算の範囲内で相手の好みを取り入れることです。サプライズをする場合は相手の婚約指輪に対する考え方をバレないように念入りに調べる必要があり、相談して一緒に選ぶよりもリスクが伴います。しかし、その反面サプライズという事実だけで喜ばれる傾向にあり、どちらが良いかは向き不向きがあります。
選ぶまでの流れですが、まず予算を決めて、その範囲内で現在の職業や生活に合ったものに絞ります。そしてその中から自分たちの好みや指に合うデザインを選ぶという流れです。
大事なイベントだからとついつい無理して高めの予算を組んでしまいがちですが、実のところ婚約指輪における満足感に価格はそれほど重要ではありませんので、堅実な額にするのお勧めです。ちなみに平均の相場は30万くらいです。
指輪を普段使いできるか、できないかによっても選択肢は変わります。普段使いの場合は爪なしなど実用性のある指輪が喜ばれますし、普段つけない場合は見た目重視で選ぶのも良いかもしれません。
ダイヤモンドが定番ですが、それ以外はダメというわけではありません。近しいものならモアサナイト、無色でなくても構わないならサファイアなど、いろいろあります。
あとはブランドものへのこだわりの有無、金属アレルギーの有無、形の好みなどある程度決めて、店舗に何度か足を運ぶと良いでしょう。店員の言葉を鵜呑みにせず気になるところはどんどん質問してみて、納得できたときに購入手続きへと段階を踏むことをお勧めします。